PICKUP薬局

店舗

PICKUP.010
薬局の役割を感じてもらいたい!積極的な情報提供で地域に根差した薬局に

福島県 東白川郡塙町
さくら薬局 塙店

クラフト株式会社さくら薬局塙店の管理薬剤師、星先生にお話を伺いました。

星先生

お話を伺った、さくら薬局塙店 管理薬剤師 星様

-店舗の概要や星先生のご略歴をお聞かせください。

当店では、整形外科をメインに様々な処方せんを受けています。接客に力を入れており、薬局全員で患者さまに常に気を配っています。
また、11月末に店舗を改装し総面積が広くなりました。元々は、コンビニ一軒分もないくらいの広さでしたが、現在は以前と比べて約3倍広くなりました。 今までは、入口を入ると待合室があって受付、調剤室というようにひとつの空間になっていたのですが、インフルエンザなど感染症の患者さまから他の患者さまへの感染リスクを下げる為に隔離室を作って、 それに伴い待合室や調剤室も広げることで皆さんがより過ごしやすい空間になったと思います。患者さまの反応も良く、驚かれる方や「良いお店になったね」と声を掛けて下さる方もいます。

店舗内観

OTCはレギュラー商品を定位置に置き、新商品や季節商品は受付前の一番目立つところにおいてアピールしています。

待合室

隔離された待合室の様子

-薬局に勤務されていて、苦労されたことや困った事例を教えて下さい。

新卒でクラフト株式会社に入社してから福島県の磐梯熱海店に配属された後、一年後に他の店舗に異動しました。異動したところが、小児科の門前薬局で粉薬の調剤がメインだったので、 薬の剤形や味によって飲める飲めないなどもあり不安な気持ちを抱いているご家族のケアも含めて当時は勉強しなくてはと思っていました。実際に服薬指導する時も薬の味に対して混ぜても良い食品のリストを紙に書いてお渡ししたり、 飲んでもらう為に「これを飲むといいんだよ」というような、気持ちを前向きにしてあげる言葉掛けをしていました。お薬を美味しくないと思っている人が多かったので、 混ぜて飲むことを教えてあげることでお薬が飲めるようになったという患者さまのケースも多かったです。
その他、内科の処方で糖尿病の人は食事がかなり重要になるのですが、病院で栄養指導の時間がなかなか取れないことがよくあり、 栄養面での細かい指導に困ったことがありました。
当店には栄養士がいないので、自分がわかる範囲で答えて、それ以外は本社にいる管理栄養士にサポートしてもらったり、 本社や製薬会社が作った食事のレシピなどを糖尿病の患者さまだけでなく、必要な人に配って紹介しています。

レシピ

レシピ

実際に患者さまに配布しているレシピです。

-キビタン健康ネットを利用されていると伺いましたが、どういったものでしょうか。 また、患者さまや地域に対してどのようなメリットがありますか?

キビタン健康ネットとは、医療ICTの一つですが、その機能は他のICTと一線を画すものです。他の病院が出している薬(併用薬)や検査結果の数値等、病院が発信した情報をそのまま確認できるので、重複投与や過剰投与を防げます。 検査値がわかることで腎機能や肝機能が把握できるので、薬の量の設定がしやすくなって副作用の予防にもつながります。導入前は、お薬手帳や説明書をお持ちいただき記録していたのですが、 説明書が古いものであったり患者さまが覚えている範囲であやふやな情報が多かったので、導入したことによって正確な情報収集と指導ができるようになりました。
患者さまにとっても無駄な検査をしなくて済んだり、 重複投薬も防げるのでその分余計なお金がかかることもありません。先生方としても無駄な検査を防げることや入退院のときの処方や転院するときのデータが残るので安心です。また、災害でお薬手帳がなくなっても、 サーバー上にデータが残っていれば今までの薬などのデータをみることができるので、災害時にも役立つと思います。

キビタン

こちらのカルテで患者さまの情報を管理しています。

検査値

患者さまの健康を正確にお伝えできます。

-その他に健康イベントやユニークな取り組みがあればお聞かせください。

健康イベントとしては、定期的に市民講座や健康教室を開催しています。 夏場は脱水症予防のお話や感染症予防の手洗いの基礎の話、医療費も絡めたジェネリック関連の話などをしました。また、自身のアロマテラピーインストラクターの資格を活用した講座を開催して、 アロマやハーブティーを用いて生活を豊かに、ストレスの解消に繋がる話を患者さまにお伝えしています。去年までは別の会場を借りて開催していたのですが、コロナウィルスの影響もあり大勢ではできないので、 今年は密にならないよう3、4人など少人数で集まったり、1人ずつローテーションでの開催でした。 次回、やってみたいと思っているのは、アロマを使ったバスソルトなどアロマグッズの作成を行うワークショップです。これからも、色々なジャンルの話を絡めて面白い内容にすることで多くの患者さまに興味を持っていただければと思っています。

イベント

健康イベントの様子。

-今後の課題と展望

現在、地域に薬剤師、薬局の役割がまだ浸透していないと感じる部分があります。キビタン健康ネットなどの導入で地域医療に絡んでいくことが増えてきたと思うのですが、 さらに地域に食い込んでいきたい、根差していきたいです。今年、私が福島県薬剤師会の地域包括ケアシステム推進委員会に入り、近隣の市町村も含めて地域ケア会議にも参加させていただいています。 医療以外にもいろいろな活動を含めて地域に根差したお店にしていきたいと思っています。 個人の目標は、薬剤師としてケアマネージャーをはじめとする多職種にも頼りにしてもらえるようになることで、薬局としての目標は、健康の相談であったりアロマの講座であったり処方せんがなくても地域の方に来てもらえるお店になることです。

-あとがき


地域に根差した薬局にする為、患者さまが過ごしやすい空間づくりの工夫や、正確にきめ細やかな情報提供を行う前向きさに患者さまを想う温かい気持ちを感じました。

今回は、さくら薬局塙店を取材させていただきました。
ご協力ありがとうございました。

Activeプラス編集部

福島県 東白川郡塙町
さくら薬局 塙店

薬局情報

名称さくら薬局 塙店
住所〒963-5405 福島県東白川郡塙町大字塙字材木町11-1
URLhttp://www.kraft-net.co.jp/search/3808/