全国 > 神奈川県

かもめ薬局柿生店

神奈川県
チームワークで地域に信頼される薬局へ

川崎市麻生区
かもめ薬局柿生店

今回はトライアドジャパン株式会社のかもめ薬局柿生店様の薬局長、山口 拓也様にお話をうかがいました。
(以下敬称略)

かもめ薬局柿生店 管理薬剤師 山口様

今回お話を伺った、かもめ薬局柿生店 管理薬剤師 山口様

―かもめ薬局柿生店はどういった特色があるのでしょうか?

山口 かもめ薬局の特色は、患者様、処方元の医師、どちらとも距離が近いというところです。
まず、患者様との関わり方ですが、服薬指導ではとにかく沢山お話を聞かせていただくよう心掛けています。薬に関する事だけでなく、些細な体調の悩みや食事の事など何でも話していただきます。そうすると、検査数値が良くならないのは食生活が原因ではないかとか、実は服用していない薬があったとか、薬剤師として検討改善すべき問題に気付けるのです。もちろんお急ぎの患者様を引き留めることはしませんが、薬局薬剤師は患者様との会話がきっかけとなって治療に貢献できることが多いと感じます。また、いつもご利用いただいている患者様から、ご帰宅後に追加の相談を電話でいただいたり、お出掛けのついでに薬局に立ち寄って相談されたりすることも多いです。逆に、服用期間中のフォローアップが必要と薬剤師が判断する場合もありますので、その際は電話にて体調や服薬状況の確認をする「おくすり継続サポート」を実施しています。
もう一つの処方元の医師との距離が近いことについて、かもめ薬局では必要に応じて患者様の治療に関する情報を近隣のクリニックと共有しています。処方の意図が分からない薬があれば、医師の治療方針をすぐに問い合わせて確認します。また、患者様との話の中で、医師へのフィードバックが必要と思う内容があればトレーシングレポートによって情報提供を行っています。こうした双方向の連携の積み重ねによって、2004年の開局以降、着実に、地域の患者様の健康増進を支援するための医療環境づくりを進められていると実感しています。

―素晴らしい特色ですね!それを実現するために、何か工夫している点はあるのでしょうか?

山口 患者様との時間をしっかりと確保するために、薬剤師の対物業務をなるべく削減するよう工夫しています。例えば、調剤室内の機械化を積極的に進めたり、ファーマコンシェルジュ(非薬剤師)が薬の取り揃えを行ったりすることで、薬剤師が調剤室に籠ることのないようにしています。そこには患者様への思いがあります。わたしたち薬局スタッフは、患者様の治療の中で携われる時間が限られています。その限られた時間を少しでも多く取りたいという気持ちから、柿生店ではこのような取り組みをしています。先ほど申し上げた処方医との連携も、このように薬剤師の時間を生み出すことで活発に実施できていると言えます。
また、外来患者様や門前クリニックとの関わりだけでなく、地域医療に広く貢献することも、地域における信頼を高めるために大切なことだと思っています。柿生店では在宅医療で患者様500名の訪問を行っており、多職種との連携にも積極的に参画するようにしています。

ファーマコンシェルジュ

ファーマコンシェルジュのみなさん。薬剤師と共に薬局を支えています。

監査システム

監査システムを用いて、安全性を担保しています。

―地域において、大きな存在感を発揮していますね。他には何か特徴的な取り組みはあるのでしょうか?

山口 柿生店は健康サポート薬局として、地域に向けてのイベントを定期的に開催しています。現在は(2020年8月取材当時)新型コロナウイルスの影響で自粛していますが、以前開催した時は2日間でのべ100人にお越しいただきました。脳年齢や肌年齢、血圧や血糖の自己測定、管理栄養士による栄養相談などを実施し、地域住民のヘルスリテラシーを高めることに役立てたのではないかと思います。また、店舗づくりにも工夫をしていて、ご近所にお住まいの方々がふらっと立ち寄ってくつろげるカフェのような雰囲気にしています。ぜひ、処方せんをお持ちでない時でもご利用いただきたいですね。

健康フェアや健康相談の告知をしています。

健康フェアや健康相談の告知をしています。

カフェのような店舗で、ゆったりとくつろげますね。

カフェのような店舗で、ゆったりとくつろげますね。

―地域において今後どのように貢献したいですか?

山口 今は患者様とのコミュニケーションをしっかり取り、少しでも健康に貢献できるよう努めているところです。自覚と責任を持ち、スタッフが一つのチームとなって業務に当たることで、患者様と向き合う時間が多く取れていますが、その時間をどう使うかは薬剤師次第です。薬だけでなく、その向こう側にある患者様の日常生活にもきちんと目を向けて治療に携わっていきたいと考えています。そして、まずはかもめ薬局に相談してみるか!と気軽にご利用いただけるような薬局を目指します。
また、この度の新型コロナウイルスの流行のように、不測の事態が起きて誰もが不安な気持ちになっている時こそ、疾病治療や公衆衛生について、正しい情報を発信しながら、しっかりと地域医療の一翼を担い、地域住民の方々一人ひとりに寄り添った頼れる存在となるよう努めていきたいと思います。

地域活動や患者様へのきめ細かなフォローアップ。薬局がチームとなり連携することで地域や患者様からの信頼を得ているのだと感じました。

みなさまも是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。


今回はかもめ薬局柿生店様にお邪魔しました。
ご協力どうもありがとうございました。

Activeプラス編集部

かもめ薬局柿生店

神奈川県川崎市麻生区
かもめ薬局柿生店

薬局情報

名称かもめ薬局柿生店
住所〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生5-40-3
URLhttp://www.t-pharmacy.net/kakio/
電話044-981-3730

地図・アクセス

小田急線柿生駅北口から徒歩0分